サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

16年悪夢に悩まされ続けた元刑事が、過去に決着をつける。柚月裕子「慈雨」

こんにちは!

また、柚月裕子さんを読んでしまいました。柚月さんは私と同年代です。小さい頃から読書が好きで、専業主婦をしていて、子供の手がかからなくなった40歳近くになり、小説家講座を受けてデビューした、異色の経歴の作家さんです。

参考)本の雑誌

www.webdoku.jp

 

そんな普通の主婦だった柚月さんが描く物語は、意外にも骨太で、主人公の生きざま、人間の生き方が問われる読み応えある内容です。私はこの本で、柚月さんは4冊目となりますが、読んで失敗だった本は、まだ1冊もありません。

 

慈雨

【内容】警察官を定年退職した神場は、妻とお遍路の旅に出た。42年の警察官人生を振り返る旅の途中で、神場は幼女殺害事件の発生を知り動揺する。16年前、自らも捜査に加わり、犯人逮捕に至った事件と酷似していたのだ。神場の心に深い傷と悔恨を残した、あの事件に。かつての部下を通して捜査に関わり始めた神場は、消せない過去と向き合い始める。組織への忠誠、正義への信念……様々な思いの狭間で葛藤する元警察官が真実を追う。

 

お遍路は、弘法大師(空海)の 足跡をたどり、四国のお寺を八十八ヶ所巡ることです。退職した刑事、神場がなぜ妻と、お遍路に出たのか? 各寺を回りながら解けていく、過去。一気読み必須です。

「いま、16年前の事件から目を背けたら、オレは警察官である前に、人でいられなくなる!」

何があったのか知りたい人は読むしかないです(笑)。