サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

「バカ売れ・法則大全」:ほとんどのヒット商品は、マーケティング調査結果は関係なかった!?

こんにちは!

私は、商品開発やマーケティングとは、まったく関係がない地味な仕事をしています。

ですが、ヒット商品の開発秘話とか、会社経営、起業など本を読むのが大好きです。

もしかしたら、華やかな世界、職種に憧れているのかもしれません。自分ができないことを本を読んで満足感を得る。読書の楽しみではありますが、現実の世界で、満足感を得られるように、もがいてみる必要はありますね。

まだまだ中途半端、がんばろう。

 

バカ売れ・法則大全

【目次】

第1章:最新バカ売れ事情から「いまどきの売れる法則」が見えてくる!

第2章:お客限定のヒット商品は「未来のバカ売れ」のヒントになる!

第3章:今も昔も変わらず売れる「ロングセラー」の秘密を解明せよ!

第4章:商品の勝ち組と負け組「勝敗を分けるポイント」はどこにあるのか?

第5章:準備万端で販売開始「次に来るバカ売れ」はここが違う!

 

全章合計でヒット商品の54例が紹介されています。また各例ごとに、”学べるポイント”が書かれており、1例6ページ前後でまとめられます。

 

例えば、今では人気のチョコレートお菓子「ブラックサンダー」も、実は、1994年に発売され、まったく売れず、すぐに生産中止に追い込まれた商品でした。

しかし、九州地区で評判が良かったことと、「頑張って売るので、再販してくれ!」という営業マンの熱量で再販を実施しました。

それでも数年売れず、何となく販売を続けていたところ、「体操の内村航平選手はブラックサンダーが好き!」という報道があり、認知が広まり、売り上げがどんどん増えていきました。

その後も、消費者の"飽き"対策のために、消費者に媚びない、想像出来ない味の提供を心がけているようです。

"学べるポイント"は、

①「売れる」と断言した担当営業マンと卸業者の熱量を信じて売り続けた

②やりやすい安易な商品化はせず、消費者の一手先をよむ

と、まとめられています。

 

この本を書いた行列研究所が知りたくて、ネット検索をしたら、ソフトバンクのグループ会社でインターネット会社の企画でした。

この本も、公式サイトの企画「ヒット商品の謎」の内容を、深掘りしてまとめたようですが、無料読書登録をしてサイトを見てみると、サイトの方が、開発者のインタビューもあり、いい感じでまとまっています。

www.itmedia.co.jp

スマホを使う人は、通勤電車の中や、待ち時間など、読書登録してサイトを読むことをおすすめします。もしかしたら、いい金儲けのネタが突然ひらめくかもしれません(笑)。ではまた!