サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

ボクシング、モンスター井上尚弥のKOに痺れました!目標は、アジア最強のマニー・パッキャオ越えだ!

こんにちは!

昨夜の井上尚弥選手の70秒KOシーン痺れました。

headlines.yahoo.co.jp

すでに半日で、ネット上では、モンスターぶりが、語りつくされた気がします。

圧倒的に強い!

ただ、ボクシングは、減量やラッキーパンチ、メンタル面など様々な要素が、勝敗に左右するため、井上尚弥選手が必ず勝つと言いきれないところが、おもしろいところです。

 

もう30年ほど前、マイク・タイソンを東京ドームに見に行ったことがあったのですが、全盛期のタイソンの圧倒的な強さは、井上尚弥選手以上でした。

(チケットは運動部のOBの差し入れ。外野席だったので、オーロラビジョンでの試合観戦でした。笑)

そんなタイソンが、2年後に同じ東京ドームで、無名のかませ犬、バスター・ダグラスに、KO負けしたのは衝撃的でした。

number.bunshun.jp

 

タイソンはともかく、井上選手は、ボクシングのアジア史上最高のチャンピオンだった、マニー・パッキャオを超えてほしいです。

 

マニー・パッキャオ

プロ戦績 69戦60勝(39KO)7敗2分

世界6階級制覇(実質的に10階級制覇!)

WBC世界フライ級王者

IBF世界スーパーバンタム級王者

WBC世界スーパーフェザー級王者

WBC世界ライト級王者 WBO世界ウェルター級王者

WBC世界スーパーウェルター級王者

フライ級は、体重50.8kgがリミットで、スーパーウェルター級は69.85kgです。その差19kg!16歳からプロデビューしてから39歳の現在まで、体重(筋肉)とともに、勝利を重ねてきた英雄です。(現在、引退を撤回している)

 

参考)ボクシング階級、団体乱立についてまとめたもの。

www.survival-cafe.com

 

井上選手もいつか負ける日がくると思いますが、何度も立ち上がって、マニー・パッキャオを超えてほしいです!