サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

アメブロのサイバーエージェント副社長が書いた「組織の毒薬」は、言うほど毒はない。20代の社員向き。

こんにちは!

㈱サイバーエージェントは、アメーバーブログ等を展開する、1998年に設立された、IT企業と言われる会社です。

www.cyberagent.co.jp

 

私は、旧日本的古い体質の会社に勤めているので、IT企業と言われている会社は、まぶしくて、憧れてしまいます。

そんな、サイバーエージェントのナンバー2、副社長の日高裕介さんが書いた「組織の毒薬」を読みました。

 

「組織の毒薬」

 

もともと、拡大していくサイバーエージェントの社員向けに、日高さんが、仕事や組織について考えていることを伝えるため、定期的に社内報に書いていたメッセージだったようです。これを、めざとい幻冬舎の編集者が見つけ、本にして出版したようです。(幻冬舎、商売上手です)

 

本の内容は、いたって毒はなく、すごく当たり前の正論を丁寧に、社員(若手社員)にわかるように書いてます。ただ、私のような、ひねくれてしまった会社生活の長いおじさんには、少し物足りない、読み物としては軽い本です。

逆に20代のうぶな社員には、仕事とは、組織とは、などと、わかりやすい本です。

 

66のコラムがあり、いくつか項目をあげてみると

・トラブルのマイナスを取り戻そうとしない

・一年の振り返りはポジティブに

・「鈍感力」と「メンタルタフネス」は別物

・新しい仕事への取組み方について

・組織で働くとは

などなど。

窓際社員の私が、軽いといいましたが、私より若い日高裕介さんが、ここまで組織、仕事について語れるとは、さすが副社長で組織を運営しているからでしょうか。

 

読書=娯楽と割り切っている私には、物足りなかった本ですが、一つだけ、うまい!と思ったコラム名がありました。「気合いと思考停止は紙一重」(笑)ではまた!