サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

小林慶一郎の「財政破綻後」読了。破綻のあるなしはともかく、生活が苦しくなることは理解しました…。

こんにちは!

日本の借金は1,000兆円を超え、国民1人あたり850万円!このままでいくと、日本は破綻する!

いやいや、日本の借金(国債)のほとんどは、日本国内の借金なので、国内資産がまだ十分あるため破産しない!日本円をバンバン刷れば大丈夫!

などなど、日本(日本政府)の財政破綻については、いろいろな人がいろんな説を唱えていて、何が正しいのか、私のなかでは未だに解決してません。

そのため、その手の本があると、必ず読むようにしています。その1冊です。

 

財政破綻後

諸説ある、日本の財政破綻論のなかで、そもそも破綻って何なのか?どんな状態なのか?の定義づけが、バラバラであることに気が付きました。

この本では、

国内外の投資家が日本国債を買わなくなり、日銀がお金を発行し、国債を買い支える。そのため、お金の価値が低くなり、モノ・サービスの値段が上がる超インフレとなり、金利を高くしても、国債を売る必要があるため、金利も高騰する。この、超インフレと金利高騰を日本政府が制御できない状態=財政破綻としています。

また、財政破綻後に、公費への依存が大きい医療、介護、福祉でどのような影響がでるか書かれてます。

 

ただ、今の日本は、需要が落ち込んでモノの価格が下がっていく、デフレ状態なので、いまひとつインフレと言われても、しっくりきません。また、生活が具体的にどうなるのか?市民目線まで影響が落とし込めてなく、読むのがちょっとシンドイ本でした。

 

 少子高齢化で税収も減って、借金も増えてくる。生活が苦しくなることは理解できた本でした。では!