サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

ムリやりひねりすぎ? 伊坂幸太郎「ホワイトラビット」

こんにちは!

老眼で本を読むのがしんどくなったからなのか?期待しすぎなのか?わかりませんが、好きな小説家、伊坂幸太郎さんの本「ホワイトラビット」が、それほど面白く感じませんでした…。

 

ホワイトラビット

【内容】仙台の住宅街で発生した人質立てこもり事件。SITが出動するも、逃亡不可能な状況下、予想外の要求が炸裂する。息子への、妻への、娘への、オリオン座への愛が交錯し、事態は思わぬ方向に転がっていく。

 

あとがきにありますが、著者・伊坂さんが、籠城物、人質立てこもり事件の決定版という意欲で書き下ろした本作、時間と場所、視点が入れ替わりながら、物語は進んでいきます。伏線も多く、あの時のアレは、コレだったんだ…となり、最後は、そう収まったんだ…と伊坂ワールドに感心です。

 

「ラッシュライフ」や「重力ピエロ」など、過去のいくつかの本に登場する、泥棒のプロ(副業で探偵も)黒沢が、今回は主役?的役割で登場します。

 

ただ不満を言うと、パズル的に伏線が多すぎて、ちょっと読むのに疲れてしまったためか、伊坂本を読んだ後の、ちょっとした幸せ感がなかったです。また、展開を重視したためか、登場キャラも魅力的な人がいませんでした。

ちょっと辛口になってしまいました。