サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

円覚寺から歩いて建長寺、鶴岡八番宮、鎌倉駅へ。(鎌倉散歩・後編)

こんにちは!

先日の鎌倉散歩の続きとなります。北鎌倉駅を降りて、すぐの円覚寺を堪能し、次は、建長寺に行ってきました。

円覚寺から建長寺まで、1㎞ちょっとで徒歩15分ほどの距離です。国道21号を鎌倉駅方面へ、えっちらおっちらと歩いていきます。

建長寺は、駅から若干遠いため、円覚寺と比べて、観光客がぐっと減っていました。ふくよかな欧米の人が多かったので、真夏の徒歩はきついだろうな…と勝手に想像。

 

建長寺(詳しくは、建長興国禅寺)

◇山門

これぞ、木造建築という趣です。ただ余計なお世話で、1つだけ残念なのは、「建長興国禅寺」の看板が、真新しく綺麗だったことです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180814001437j:plain

 

◇さざれ石

入っていくと、何と「さざれ石」が! 日本の国家・君が代で、小さな石が長い歳月をかけて岩になるという、さざれ石です。しかし調べてみると、「さざれ石」は、小さな石と石の間に、溶けた石灰石が入り込んで固まり、繋がって大きな石になった一般的な石のようです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180814001931j:plain

 

※君が代で詠まれたさざれ石は、岐阜県揖斐川町のさざれ石公園にあるようです。

さざれ石公園 | 揖斐川町ホームページへようこそ

 

◇ビャクシンの古木

南宋から渡来し、建長寺を開いた蘭渓道隆が中国から持ち込み、植えたと伝えられる、古木。樹齢750年のようです。でかい。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180814094255j:plain

 

◇梵鐘(ぼんしょう:国宝)

1255年に鋳造された釣り鐘です。円覚寺の梵鐘も国宝だったのですが、見忘れたため、建長寺の鐘をじっくり観察(笑)。

しかし、鐘よりも、鐘つき小屋である鐘楼(しょうろう)の形に、心惹かれました。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180814095142j:plain

 

◇仏殿の鳳凰図

本尊の地蔵菩薩坐像がある仏殿天井の鳳凰図です。色させているのですが、さまずまな鳳凰が味があります。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180814100021j:plain

 

ちなみに、拝観料は500円でした。そう考えると、円覚寺は非常にお値打ちですね。

建長寺を出て、北鎌倉駅に戻るか、鎌倉駅まで行くのか思案したのですが、徒歩で約2kmでしたが、途中、鶴岡八幡宮を経由できる、鎌倉駅方面へ。

 

参考)建長寺の公式サイト

大本山 巨福山 建長寺 | 臨済宗建長寺派 大本山 建長寺の公式ページです

 

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮は何度か来ているので通っただけです。円覚寺や建長寺の、わび・さびの世界とは、まったく逆のきらびやかな神社は、別に日に見た方がいいですね。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180814101602j:plain

 

参考)鶴岡八幡宮の公式サイト

www.hachimangu.or.jp

 

鶴岡八幡宮を下って、鎌倉駅近くで、ざるそばに生ビールで昼食。この時のために、真夏に歩いてよかったと、極楽を味合いました。

その後、まだ、江ノ電に乗って、江の島まで行っているので、番外編につづきます。

お付き合いありがとうございます!