サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

井岡一翔の現役復帰を予言。近藤隆夫さん、二宮清純さんの良質なスポーツコラムが読めるサイト

こんにちは!

ボクシングの元3階級王者の井岡一翔さんが、現役復活宣言をしましたね。昨年年末の引退宣言から、燃え尽き症候群かな…と思っていたのですが、再び、心に火がついてきたということでしょう。

ただ、格闘家の現役復帰は、よくあることで、華やかな栄光や、試合での高揚感、充実感が忘れられず、復活する選手は多いです。最近の復活劇では・・・

 

◆ボクシング・元6階級王者:マニー・パッキャオ

→ 先日7/15に、WBAウェルター級王者にOK勝ち

⇒ これはすごい!

 

◆ボクシング・50戦50勝無敗で引退、元5階級王者:フロイド・メイウェザー

→ 昨年復帰し、UFC(総合格闘技)王者マクレガーにボクシングルールでTKO勝ち

⇒ 違う競技の王者に勝ったところで…でも、ファイトマネーは300億円以上!

 

◆ボクシング・元世界3階王者:亀田興毅

→ 今年、初黒星を喫した元同級王者ポンサクレックにTKO勝ち

⇒  茶番。見る価値なし。

 

と、古くは、元PRIDEヘビー級王者ヒードルや、輪島功一さんなども復活しています。今のボクシング界は、団体も階級も細分化され、昔と比べたら、実力不相応の王者も多いのですが、井岡一翔選手はKOする派手さはないですが、正統派のボクサーなので復活は楽しみです。

 

私、格闘技やスポーツ全般が好きで、必ずチェックしている、スピーツサイトがあります。サイト運営者の二宮清純さんはスポーツコラムニストとして有名ですが、格闘技系では、近藤隆夫さんのコラムはおススメです。

 

www.ninomiyasports.com

今年年初に「井岡一翔は、2年以内にリングに戻って来る」というコラムを書かれており、そこに、「もう一つ、大晦日に亀田興毅が現役復帰をにおわせる発言をしている…何をやり残したのか、誰と闘いたいのか、まったく想像がつかない。そして彼の復帰に関しては、あまり興味が持てない。」と書かれおり、まったく同意でした。