サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

NHK大河ドラマ「西郷どん」と漫画「宇宙兄弟」を途中離脱…。

こんにちは!

好き嫌いは人それぞれですので、そうなんだーと聞いていただければいいのですが、NHK大河ドラマ「西郷どん」と、漫画「宇宙兄弟」、まだ話は途中なのですが、見るのをやめ、途中離脱しました…。

 

「西郷どん」は、家族で見ていたのですが、はじめに、歴史好きの子供が見なくなり、妻も、となっていき、最後私1人で、しばらくは録画してみていたのですが、そのうち、見ていない録画が溜まっていき、ついに録画することも止めました。

「おんな城主 直虎」は、家族に見放されても、私1人で最後まで見続けたのですが、「西郷どん」は、続けられなかった…。理由なんでしょう、明るすぎる西郷が合わなかったのか、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」と、比べてしまっているからなのか?

「西郷どん」をあきらめた方「翔ぶが如く」は、おススメです。

 

まったく、話は変わって漫画「宇宙兄弟」。新刊を毎回楽しみにしていて、先日33巻が発売されたのですが、もういいやとなりました。子供も読んでいたので、「もう買うの止めるわ」と聞いたところ、「ここ最近、面白くないよね…」と同意。

南波六太と、日々人の兄弟が、宇宙飛行士を目指す話なのですが、宇宙飛行士になるまでは、おっさんながらも毎巻ワクワクして読んでいました。今思えば、宇宙飛行士となり、宇宙に行った時点で完結しておけば、不屈の名作となったと思います。ドーピングで続けている今の展開、まったく面白くないです。

ボクシング漫画の「はじめの一歩」もそうですが、売り上げ至上主義で、連載をムリヤリ引き延ばすと、漫画を台無しになりますね。

「宇宙兄弟」

宇宙飛行士になり、宇宙に行くまでは、名作です。

ではまた!