サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くため?の読書記録が中心のブログです。

クレイジーなアメリカの若者が、謎の独立国家「ソマリランド」に学校を作って、結果を出している話。

こんにちは!

「ソマリランド」をご存知でしょうか?知っている人の半分近くは、高野秀行さんの「謎の独立国家ソマリランド」という本を読んだ、マニアック?な人ではないでしょうか。

私はまだ、この本を読んでいません。なにせ、持ち運びが出来ないぐらい分厚く、躊躇しつつ数年が経っています。

 

ソマリランドは、長年無政府状態が続いている崩壊国ソマリアから、独自に内戦を終結して、複数政党制による民主化に移行し、独立宣言をした、国際的には国家と承認されていない国?です。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180520152814g:plain

 

よって、日本の外務省の海外安全ホームページを見ても

 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20180520153048p:plain

ソマリアとして、表記され、退避勧告のレベル4の真っ赤な国となっています。

 

今回、そんなソマリランドに、学校を作ってしまった、無鉄砲なアメリカの若者の本を読みました。この本の最後には、高野秀行さんが「飢えたソマリランドの若者とクレイジーなアメリカの若者」として解説を書いています。

「飢えた」とは、お腹が減ったのではなく、高等教育が受けられない、勉強に対する飢えです。ソマリランドは国として承認されていないため、密航をして命の危険を冒してまで、海外を目指す若者が多いようです。

著者ジョナサンの叔父が、ソマリランド出身だったことから、学校建設、運営(中学、高校レベル)に邁進し、文化の違いや、様々な妨害にあいながらも、アメリカの有名大学の奨学金を得ることができる学力の若者を育てていきます。

アメリカのフロンティアスピリットが、今なお健在であることを感じます。

 

ソマリアランドからアメリカを超える

【内容】破綻国家ソマリアの中にある、平和な“未承認国”ソマリランドに、元ファンドマネージャーの若者が私財を投げ打って挑んだのは、学校創り。それも、ハーバードやMITに進学しうる、グローバルエリートを育成する学校だった。ナショナリストの突き上げや、学校乗っ取りを企む地元有力者まで現れて、七転八倒! しかし、イスラム教徒でもない白人男性は、不可能とされた夢を生徒たちと実現していく。 

 

まだ、読んでませんが、参考です。

ありがとうこざいます。