サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

人間が少しずつでも進化していると信じたい。心理学者、強制収容所を体験する「夜と霧」は絶対読むべき!

こんにちは!

今回は世界的名著「夜と霧」を読みました。

この本の存在は、かなり若いころから、ナチスの強制収容所の経験に基づいた本として知ってはいたのですが、他の収容所体験の本を何冊か読んでいたこともあり、今まで、特に読む必要は感じませんでした。

しかし最近、どこかで、思った以上に読みやすい聞き、手に取りました。

 

読んだ感想は、読んで良かった。素晴らしい本です。

読んだことがある人には、今更?と言われそうですが、まだ読んでいない人、特に若い人には、ぜひ読んでほしいです。

 

内容は、心理学者だったフランクルが、ナチスの強制収容所に入れられ、奇跡的に生還した体験談を、生身の体験者の立場に立って書いています。著者は「壮大な地獄絵図を描かずに、強制収容所の日常は、ごく普通の被収容者の魂は、どのように映ったを問おうと思って書いた」と言っています。

普通に生活していた人(家族)が、ユダヤ人というだけで、ナチスに強制的に連行され、労働力として選別されないと、ガス室や焼却室送りになるという、狂気な行いが、実際あった現実に改めて驚愕します。

 

著者、フランクルの言葉です。

「わたしたちは、おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。では、この人間とは何者なのか?人間とは何かを常に決定する存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然(きぜん)として、祈りの言葉を口にする存在でもあるのだ」

 

「夜と霧」の日本語タイトルは、夜の暗闇や、霧にまぎれて、人々がいずこともなく連れ去られ、消え去った歴史的事実を表現しているようです。

人間の愚かさは未だ続いており、我々の周りにも、夜と霧がたちこめていないか?自分の生き方を問われた気がします。