サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

柚月裕子の「孤狼の血」、久しぶりに血が騒ぐ、仁義なきハードボイルド本でした!

こんにちは!

前回ちょっと青春系の青臭い本を読んで、若干物足りなかったので、コテコテのハードボイルドが読みたくなり、気になっていた柚月裕子さんの「孤狼の血」を読みました。

やられました。ガツンと懐かしき「仁義なき戦い」の世界に引き込まれました。柚月裕子さんはまったく女性を感じさせず、アウトローな男の世界を描いてくれています。

 

「孤狼の血」

【内容】昭和63年広島。呉原東署捜査二課(暴力団係)に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事、大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当すること。

飢えた狼のごとく強引に、違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。

 

広島弁、ヤクザ、抗争と言えば、「仁義なき戦い」です。 実際に広島で起こったヤクザの抗争をベースに、飯干晃一さんがノンファクション本として出版、深作欣二監督で大ヒットした昭和のヤクザ抗争映画です。

「孤狼の血」について、作者の柚月裕子さんは、「何度もくりかえし観た不朽の名作『仁義なき戦い』があったからこそ生まれた作品です。あんな熱い物語を、いつか自分も小説で書きたいと、ずっと思っていました」と、原作の誕生秘話を語っています。

ハードボイルド好きには、ど真ん中の本です。

続編も出版され、私の読むことリストには入っているのですが、映画も公開されるようで、あの「アウトレイジ」や「仁義なき戦い」を超える映画になっているのか、楽しみではあります。

でも、この系統の本、興味のない方はまったくつまらないのでしょうね…。

 

参考)続編 

 

映画の出演者は豪華です(笑)ただ、江口洋介だけが心配…。


映画『孤狼の血』予告

では!