サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

52歳からマクドナルドを創業?した、レイ・クロックの自伝「成功はゴミ箱の中に」

こんにちは!

私は、窓際の勤め人のおっさんですが、憧れなのか、起業家や、創業物語の本を読むのが好きです。今回はそんな本の1つをご紹介させていただきます。

 

「成功はゴミ箱の中に」

初めに言っておきますと、この和訳の邦題の付け方は、イマイチです。原題は「GRINDING IT OUT」=「やり抜く」となっています。素直に「52歳からマクドナルド創業!レイ・クロック自伝」でいいかなと思います。

本書の中で、レイ・クロックが、競争相手のことを知るために、「深夜2時に競争相手のゴミ箱を漁って、前日に肉を何箱、パンをどれだけ消費したか調べたことは、一度や二度ではない」と言っていることからきていますが、レイ・クロックの起業物語のなかでは、些末なことの1つでしかありません。

まあ本の名前はどうでもいいのですが、内容は面白い。

 

そもそもマクドナルドは、マックとディックのマクドナルド兄弟が経営していた、メニューを最小限(ハンバーガーのメニューは、ハンバーガーとチーズバーガーのみ!)に絞った、シンプルで革新的なオペレーションの人気店でした。

その店を、紙コップのセールスマンの後に、ミルクシェークを作るミキサーのセールスマンをしていた、52歳のレイ・クロックが発見し、マクドナルド兄弟に、フランチャイズ化を提案し、拡大していったのが、マクドナルドです。ですから、正確には創業者は、マクドナルド兄弟です。

ちなみに、ケンタッキーフライドチキンは、カーネル・サンダースが起業し、本人がフランチャイズ化しています。

ピアノの演奏と、装飾リボンのセールスマンをしていた、 レイ・クロックが、どのように、世界店舗数3万5千店のフランチャイズの仕組みを作っていったのか、本書を読めばわかります。難点は、登場人物名はカタカタなので、誰だっけ?となることです。

ユニクロの柳井正さん、ソフトバンクの孫正義さんが、レイ・クロックをリスペクトしているとのことで、対談も収録されてます。(あまり必要は感じない...)

 

以下、関連を。

2017年に、映画も公開されておりました。

 

予告動画もまだ残っていました。


映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』予告

 

 

日本マクドナルドを創業した、藤田田さんも、マクドナルドのフランチャイズのノウハウのすべてを、レイ・クロックを教わったようです。

参考)過去記事

 

www.survival-cafe.com

 

いつかは起業!と妄想はするのですが。

では、また!