サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くため?の読書記録が中心のブログです。

フィギュアスケート男子、羽生選手、団体不出場。そもそも、ケガの足関節外側靱帯損傷とは?

こんにちは!

もう数日で、平昌冬季五輪ですね。ちょっとづつ盛り上がってきたと思っていた矢先に、フィギュアスケートの羽生選手の団体選不出場のニュースが出てきました。

www.nikkansports.com

 

フィギュアスケート、嫁さんがなぜか好きで(会社のお姉さま方も)、ここ数年見る機会が増えました。

芸術性ゼロの格闘体育会で育ったので、フィギュアスケートは、ちょっと(だいぶ?)距離があったのですが、技の難易度により加点方式が採用されたことで、非常にわかりやすく、見やすくなりました。

今回、羽生選手は、昨年11月9日に、練習で転倒し、ケガ(右足関節外側靱帯損傷)をしおり、万全を期して、団体戦は欠場して、個人戦にかけるようです。

そもそも足関節外側靱帯損傷とは、どんなケガなのか、調べてみたのですが、以下のサイトに詳しく書いてありました。

www.sapporo-sports-clinic.jp

 

ようは、ねんざです。

ただ、完治するには、2~3ヶ月はかかりそうです。

柔道部時代、頻繁に足首をねんざしてましたが、しょせん三流選手だったので、テーピングで固めて、寝技でごまかしていました。

しかし、不安定な氷のリンクの上では、足首の負担は相当なものだと思いますので、団体選欠場はベストの判断だと思います。

不安は抱えての個人戦ですが、羽生選手、がんばれ!

オリンピック、出場選手のドラマはすでに始まっておりました。