サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

村上ファンドを誤解していました。投資に興味のある人に「生涯投資家」はおススメです。

こんにちは!

最近、子供にクリスマスプレゼント?として買ってやった、漫画「NARUTO-ナルト」全72巻を読破中で、あまり本が読めていませんでした…。ナルト、初読みでしたが、おっさんが読んでも面白かったです。

ただ、バトル、対戦ものの話だと、次々に強い敵を出す必要があり、どう終了させるか、作者や出版社は悩むでしょうね。そう考えると、スラムダンクはすごい作品です。

 

今回読んだ本です。

生涯投資家:村上世彰

 

15年ほど前に、テレビによく出ていた、村上ファンドの村上さんです。 ライブドアのニッポン放送(フジテレビ)買収騒動でも、ずいぶんとテレビに出ていました。

村上ファンドを率いて、株を買収して企業を乗っ取り、高く売りつけるハゲタカ。ライブドア騒動終盤に、インサイダー取引で逮捕されていたな…と、村上さんに対して、いい印象は持っていなかったのですが、この本を読んで、見方は変わりました。

 

村上世彰さんが考える株式会社とは?

・企業は上場会社である以上、投資家の期待に応えるべく、透明で成長性の高い経営をしなくてはならない。

・上場企業の経営者は、投資家の期待に応え続ける覚悟が必要で、上場とは、株式が広く一般に売買されるようになることから、私企業が「公器」となること同じである。

・投資会社は、投資して金を稼ぐのは当たり前。「金儲け=悪いこと」では決してない。

 

私はサラリーマンですが、非常に共感できるところは多かったです。また。本の中には、投資案件の内実も多く書かれています。

・東京スタイルでの議決権争奪戦

・ニッポン放送(フジテレビ)買収

・西武鉄道買収

・阪神鉄道買収(阪神タイガース上場プラン)

・ITバブル崩壊

などなど、事実は小説より奇なりで面白いです。

 

参考)文春オンラインでのホリエモンとの対談

bunshun.jp

 

興味ある人はいかがですか。では!