サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

箱根駅伝素人の勝手な予想。優勝:東海大、2位:青学大、3位:東洋大!

こんにちは!

大相撲(場外乱闘?)について、書きたかったのですが、もうだいぶ語りつくされましたね。でも1点だけ。

「貴乃花のスーツ姿は首が苦しそう!」

私もネクタイを締めて仕事をしているのですが、あれだけきっちりネクタイはしていません(私がだらしないこともあるのですが)。首が苦しくないのか?、指1本分ぐらい余裕を持っていいのに、と、貴乃花の映像を見るたびに思ってしまいます。

おっさんの余計な心配でした。

 

今回は箱根駅伝についてですが、私、駅伝を見始めて数年ですので、優勝:東海、2位:青学、3位:東洋の予想は、今年の東海大は勢いがあるな!的なものだけのです。データ的に予想されているすごい人もおりました。

www13.plala.or.jp

 

箱根駅伝は、正月に見る番組がなく、BGM的に数十年すごしてきました。特に興味をもって、自ら進んでテレビで見ることはなかったのですが、ここ数年は、少しだけ進んで、箱根駅伝を見るようになりました。(おとそ気分なため)

それは、ストイックさが無い青学が台頭してきてからです。最近は青学が勝ちすぎて、アンチ青学派や、テレビに出すぎで調子に乗っている?とみられている、アンチ原晋監督派も多いと思いますが、私はあの明るさが好きです。

ストイックさが無いと書きましたが、もちろん厳しい練習は他のチーム以上にしていると思います。校風もあるかもしれませんが、やはり原監督の手腕に負うところは大きいと思います。

しかし、今回は、昨年優秀な1年生を大量投入(10区中5人が1年生)結局10位になってしまった東海大が、若手パワーで今年、出雲駅伝を制し、箱根駅伝で波乱を巻き起こすのではないかと思ってます。

 

最後に、青学の原監督が、就任2年目に陸上部の寮の玄関ロビーに張り出した、3箇条を書いておきます。指導方針がわかります。

 

1.感動を人からもらうのではなく、感動を与えることができる人間になろう

2.今日のことは今日やろう。明日はまた明日やるべきことがある。

3.人間の能力に大きな差はない。あるとすれば、それは熱意の差だ

 

伝説の営業マンでも、監督就任から優勝までは11年掛かっています。その道のりが知りたい方には、この本をおススメします。

ではまた!