サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

〆までおいしい、人気の鍋物用調味料、ベスト5!

こんにちは!

日増しに肌寒くなり、温かい鍋が恋しくなる季節となりました。我が家も、週末になると、野菜も一緒にとれる鍋をよく食べます。

先日、日経MJ(流通新聞)の記事で、鍋物用調味料を扱うバイヤーに、主要5社10ブランドの鍋物用調味料を対象にした、5点満点のアンケート調査のランキングが掲載されていました。

鍋物用調味料は我が家もよく使うため、参考にランキング結果をまとめてみました。

 

1位:「ごま豆乳鍋つゆ」ミツカン

youtu.be

14の評価項目中、9項目でトップ。「味」「ブランド力」で高い評価を受けていました。鶏と昆布のだしに、ごまと豆乳をブレンドしたコク深い味わい。しめには、ごはんとチーズをいれて、チーズリゾットがおすすめ!とのこと。(260点)

 

 

2位:「寄せ鍋つゆ」ミツカン

鰹・昆布・帆立・鶏の 4つのだしを合わせた、あっさりしていてコクがある、しょうゆベース寄せ鍋つゆです。しめは、ごはんを入れて旨みたっぷりふわとろの 雑炊がおススメとのこと。(253点)

 

 

3位:「キムチ鍋つゆ」ミツカン


キムチ鍋つゆ 夫婦の鍋つゆライフ篇【ミツカン公式】

ごま油と鶏油で炒めたニンニクと韓国産唐辛子に、コチュジャン・ラージャンを加えて、仕上げたのがコクうまの秘密。〆は、鍋つゆがある程度残っている段階で、中華めんをいれて再び煮立ったら出来上がり。(242点)

 

 

4位:「鶏だし・うま塩」味の素


「鍋キューブ®」 うま塩じゅわ~!鶏だし・うま塩篇 15秒 CM 吉高由里子

キューブ状の鍋のもと1個で1人前なので、一人鍋から大人数の鍋まで入れる個数によって味の濃さや作る量をお好みに調整することができる。コク・風味豊かな鶏だしと、まろやかで、濃厚感ある鶏油をバランスよく配合した塩味ベースのスープ(223点)

 

 

5位:「キムチ鍋」エバラ食品

こちらもプチッと調味料1個で1人前。イワシ、オキアミ、鮭、鰹節の旨みとにんにくのコク、唐辛子の辛さを程よく効かせた魚介のスープ(221点)

 

 

上位はミツカン独占でした。さすが、創業210余年。明治時代には「カブトビール」まで売りが出した醸造会社だけあります。さっそく、今週末はキムチ鍋にします!では。