サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

就活生は、電通”鬼十測”は読んでおくべき!

こんにちは!

最近、”働き方改革”とよく聞きますが、実際に社員のためを思って、取り入れている会社は少ない気がします。まあ、そもそも言っているのは1部の大企業だけですね。「耳障りのいい言葉には裏がある」と、聞くたびに胡散臭く感じています。

ただ、上意下達で、何も考えずに働いて、飯が食える時代は終わりつつあると思います。過労死事件の根源といわれている、電通「鬼十則」、若いころ知って感銘を受けた覚えがあるのですが、おっさんになった今、改めて読み直してみました。  

 

 

電通「鬼十則」は、第4代社長・吉田秀雄が1951年に創った社訓です。著者が自分なりの解釈で、ビジネスの現場で十則をどう実践してきたか、体験を踏まえて解説したのが、この本となります。そもそも「鬼十則」とはどんなものなのか?まとめてみました。

 

【鬼十則】

第一条. 仕事は自ら「創る」べきで、与えられるべきでない。

ルーティンワークの中でも自分なりの創意工夫を取りいれ、自分には何が出来るのか徹底的に考えること、「創造」を積み重ねていくことが、さらに上質な創造につながっていく。

 

第二条. 仕事とは、先手先手と「働き掛け」ていくことで、受け身でやるものではない。

「先手」とは、「考えられるオプションをいくつ持ち」、どのような状況下でも複数オプションを瞬時に考え、「働きかける」=仕事仲間を巻き込みながら、協業して仕事進めることが必要。

 

第三条. 「大きな仕事」と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。

仕事の大小ではなく、自分一人ではなく、チームで目標を達成すること、「調和力」「統合力」「総活力」が、より大きな仕事を創造する原動力となる。

 

第四条. 「難しい仕事」を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。

 

第五条. 取り組んだら「放すな」、殺されても放すな、目的完遂までは。

「仕事を引き受けたからには何があっても必ず結果を出す「成果指向」

 

第六条. 周囲を「引きずり回せ」、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。

「引きずり回す」「巻き込む」という言葉の字面だけをみて、手段を目的化することのないように気をつける必要がある。

 

第七条. 「計画」を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。

 

第八条. 「自信」を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。

 

第九条. 頭は常に「全回転」、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。

 

第十条. 「摩擦を怖れるな」、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

自分自身と対決すること、「自分自身を誤魔化すな!」

 

全十条、今でも十分通用する名言だと思いました。世間や組織の理論に振り回されることなく、「個」を取り戻し、自分軸を確立したキャリア・ビジョンを描くことが今の時代必要と教えてくれます。

 

ただ、諸悪の根源は、こちらでした…。

 

【責任三カ条】

1.命令・復命・連絡・報告は、その結果を確認し、その効果を把握するまでは、これをなした者の責任である。その限度内における責任は断じて回避できない。

 

2.一を聞いて十を知り、これを行う叡智と才能がないならば、一を聞いて一を完全に行う注意力と責任を持たねばならぬ。一を聞いて十を誤るごとき者は、百害あって一利ない。正に組織活動のガンである。削除せらるべきである。

 

3.われわれにとっては、形式的な責任論はもはや一片の価値もない。われわれの仕事は突けば血を噴くのだ。われわれはその日その日に生命をかけている。

 

責任三カ条は過激すぎます。これが企業文化として、過労死を引き起こしているといわれてもしょうがないです。就活生で、広告代理店業界をめざしている学生さんは、さらに突っ込んで、電通の本を読んでみるのもいいと思います。では!