サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

映画「関ヶ原」で、思わず、泣き虫先生の名言を発見しました!

こんにちは!

今日は、歴史好きの次男と映画「関ヶ原」を見てきました。長男は妻と消化試合になってしまったプロ野球観戦にと、家族バラバラの休日でした。

 

映画「関ヶ原」

今更、説明する必要がない、日本の戦国時代の天下を二分する最後の大戦(おおいくさ)です。細かいところは、公式サイトをご参照下さい。

wwwsp.sekigahara-movie.com

 

日本人の誰もが、誰が裏切った、誰が味方についたと、ある程度の歴史(結果)を知っている、関ヶ原の戦いで、どれだけ観客を楽しませるか、難しいテーマの映画だと思いますが、私は十分楽しめました。(息子も面白かったと)

ちょっと気になったのは、主演、石田三成役の岡田准一さんです。大河ドラマ「軍師官兵衛」の官兵衛役もハマリ役だったのですが、今回も石田三成を熱演。しかし、岡田さんが演じると、官兵衛も三成も、キャラがまったく同じに感じられました。岡田さん、次はコミカルな役をやって、時代ものからは、しばらく距離をおいた方がいいかも知れません。

 

と、また前置きが長くなってしまったのですが、本題は、石田三成の旗印(旗に紋や字を染め抜いた戦場での目印とするもの)です。これがそうです。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170918163644j:plain

今まで、あまり気にしてなかったのですが、これは「大一大万大吉」だいいち、だいまん、だいきち)と書いてあります。この意味は「一人が万人の為に、万人が一人の為に尽くせば、全員が幸せになれる」といった意味のようです。

ここ数年、石田三成の人物像が見直されていますが、旗印にこの三文字の組み合わせを選んだことも、石田三成の人柄が出ているようです。

ところで、この「一人が万人の為に、万人が一人の為に…」て、どこかで聞いたことがありませんか?

そうです!あの名作ドラマ「スクールウォーズ」で、泣き虫先生滝沢が、日本代表時代に監督から言われた言葉「One for all,All for one」ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために)です!よくラグビーを表すこととして使われますね。

しかし、関ヶ原を見た今は、「大一大万大吉」の方が、カッコよく感じます(笑)。

 

映画「関ヶ原」の原作は、司馬遼太郎でした。30年近く前に読んでいたのですか、すっかり忘れてました。では!