サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

日本人のヒーローは公務員? 投資家が「お金」よりも大切にしていること

こんにちは!

先日、投資家の藤野英人さんの本を読んで、あまりにも感銘を受けたので、続けて、また、藤野さんの本を読んでしまいました。これも面白い!

www.survival-cafe.com

 

今回は、お金の本質とは何か?を一冊にまとめた本です。

 

投資家が「お金」よりも大切にしていること:藤野英人 

 
 
 
アメリカのヒーローの共通点は?
・スパイダーマン・・・ただの男子学生
・バットマン・・・ゴッサムシティの大富豪で慈善事業家
・アイアンマン・・・巨大軍事企業の御曹司
・チャーリーズ・エンジェル・・・チャーリーは大富豪
 
日本のヒーローの共通点は?
・ウルトラマン・・・宇宙警備隊員(ベムラーを追ってきた宇宙の警察官)
・遠山の金さん・・・町奉行
・暴れん坊将軍・・・将軍
 
違いわかりますか?
アメリカのヒーローは、基本「民間人」です。人形劇の特撮、サンダーバードは国際救助隊ですが、総司令のジェフ・トレーシーが元アメリカ空軍の大佐で、退役後に土木建設事業で巨万の富を築き、国際救助隊をつくったので、サンダーバードは私的救助隊。
日本のヒーロー、特にテレビや映画から生まれた日本のヒーローほとんどが公務員。その時代における権力者です。
アメリカでは「民間人が悪を倒す」のが一般的ヒーロー像であり、それに対して、日本でのヒーロー像は「公務員が悪を倒す」イメージです。
日本は、公のことは、国や公務員に任せておけばいいと大多数の人が思っており、個人がパブリックなことをする文化が非常に少ないとしています。この違いには納得しました。
 
従業員に過重労働を強いる「ブラック企業」を生み出しているのは、我々消費者(ブラック消費者)であり、これを改善していくには、「私たちの消費活動が、必ず誰かの生産活動に繋がっている」ことを認識してお金を使っていくことが重要とのことです。
 
その他にも
・ネガティブ情報の洪水に溺れている日本の若者
・会社、金儲け=清豊
・日本には不真面目な会社が多い
・日本経済の足を引っ張っている、日本経団連
 
など、読み物として、知的好奇心を刺激してくれる内容となっています。若い人ほど読んだ方がいいかもしれません。もちろん、私のような中年も遅くないですよ!では。