サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

さだやす圭の代表作は、「フォーシーム」でも「なんと孫六」でも「ああ播磨灘」でもない! 「おかしな二人」が一番面白い。おススメです。

こんにちは!

若いころから漫画好きで、漫画喫茶のマスターを夢見たこともありました。ネットカフェなんてない時代です。いまでも、ネットカフェの店長はやりたくないですが、漫画喫茶のマスターはやってみたいですね。

今回は、漫画家「さだやす圭(ケイ)」の作品のご紹介です。

さだやす圭の描く漫画は、破天荒で反体制な主人公が活躍する、読むと力が湧いてくる漫画が多いです。そんな作品の中、私が一番好きで、おススメの漫画は、「おかしな二人」です!

かなり古い作品ため、今勧めている人は誰もいないでしょう!

 

おかしな二人

暴力サラ金支店長の室田と、お調子ものの山倉、奇想天外でダーティー、ハードボイルドな、おかしな2人の物語。室田のゴリラ並みの生命力、山倉の天才的なひらめきで、様々なカネ儲けに挑みます。ざっくり挙げてみると…

・ウンコを無色無臭の灰にする「カッカ・ノンノン」の商品化

・室田が見つけてきた「パンダ金魚」で大ブーム

・日本最大の暴力団と抗争

・マフォアと組んでモナコ公国購入

・ボクシング世界ヘビー級世界戦に挑戦

・政治家(屋)に立候補

などなど、2人が助け合い、足を引っ張り合う話ですが、さだやす圭の作品のおもしろさが、ギュッと詰まってます。1982年~1987年に、モーニングに連載(古い!)ですが、今読んでも全く古く感じないです。

 

講談社サイトで、試し読みもできました。

 

なんと孫六

「月刊少年マガジン」で、1981年~2014年まで連載。33年連載は 日本の月刊少年誌における最長寿漫画でした。私は高校編が大好きです。大阪の底辺高、浪城高校に入学した甲斐孫六が、野球以上に、浪城高校での不良達とのケンカで暴れます。大阪制覇を狙う全無連との抗争は圧巻。個人的には高校編で終わってもよかったと思います。

 

こちらも、講談社サイトで、試し読みができます。便利な世の中です。

 

ああ播磨灘

天下無双の横綱、播磨灘(はりまなだ)。負けたら引退宣言し、対戦相手を徹底的に叩きのめす。相撲界の伝統格式、観客の怒号をものともせず、圧倒的な強さで、有無を言わせない痛快横綱漫画です。白鳳のつっぱりごときに、ごちゃごちゃ言っている老人達、そういえば、漫画に出ていたなぁ。

 

講談社サイトで、試し読みありました。

 

フォーシーム 

現在、ビッグコミックに連載中で、12巻まで出ています。かつての豪速球投手、逢坂猛史36歳が、日本球界を永久追放となり、アメリカ・メジャーリーグで大暴れ中。孫六も友情出演。

 

やはり、講談社サイトで、試し読みありました。


また、汗臭い男漫画の紹介となってしまいました・・・。反省。