サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

史村翔(武論尊)×池上遼一の「BEGIN」、高橋ヒロシの「ジャンク・ランク・ファミリー」、待望の新刊の比較です!

こんにちは!

久しぶりに漫画のご紹介です。

先日、待ちに待った好きな漫画家の新刊1,2巻を続きざまに読みました。

一つは、史村翔(武論尊)×池上遼一による「BEGIN」、もう一つは、高橋ヒロシの「ジャンク・ランク・ファミリー」です。熱い漫画好きには待望の作家の2作品、続けて紹介させていただきます。

※注意

今回は女性にはまったく面白くない記事になっております。(すみません)

 

1.高橋ヒロシ「ジャンク・ランク・ファミリー」

高橋ヒロシは、ブログは始めた当初、半年以上前に紹介させていただいておりました。


ブログの内容が恥ずかしい。過去の記事も手直ししていかないとダメですね。

それはもとかく、高橋ヒロシの「クローズ」につづく作品「WORST」も大人買いし、今もたまに読み返してます。

 

【あらすじ等 】

公式サイトで試し読みや、あらすじが確認できます。

www.akitashoten.co.jp

 

で、今回の「ジャンク・ランク・ファミリー」の1、2巻を読んだ感想ですが、難しい世界感に行ってしまったなぁと。おじさんは、この世界感は、マッド・マックス3作品で飽きてしまっていて。(30年ぶりのマッド・マックス4はまだ見てないです)スタローンの「ロッキー」シリーズと一緒です。でも若い人は「マッド・マックス」を見ていないと思うので楽しめると思います。

いや、その前に、北斗の拳も、もろ影響を受けた「マッド・マックス」を見るべきですね。

マッドマックス(字幕版)

マッドマックス(字幕版)

 

 

2.史村翔(武論尊)×池上遼一の「BEGIN」

やってくれた!というぐらい面白い。次の展開が楽しみで、3巻が待ち遠しいです。

 

 【あらすじ等 】

公式サイトで試し読みや、あらすじが確認できます。

bigcomicbros.net

 

日本に点火する、憂国の極道と官僚の熱さにやられてしまいます。

以前、「池上遼一」漫画のベスト5を書きましたが、まちがいなくここに入ってくる作品になるでしょう。

www.survival-cafe.com

 

ではまた!