サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

スーパーラグビー日本チーム、”サンウルブズ” 祝・今季2勝目! 2019年ラグビーW杯日本大会にむけ、そろそろルールを覚えますか?

こんにちは!

実は私、ラグビー(観戦)好きです。

今日やっと、スーパーラグビー日本チーム「サンウルブズ」が2勝目を挙げ、シーズンを終了しました。日本は昨年からスーパーラグビーに参入し、今期の結果は、2勝13敗…(昨年は1勝)ですが、今日の試合は、今までの鬱憤を晴らすような、いい試合でした!

youtu.be

 

参考)スーパーラグビー

ニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、日本の五か国、計18のクラブチームで行われる国際リーグ戦

 

ちなみに、2017年7月現在のラグビーの国代表のランキングは、

ニュージーランド・・・1位

オーストラリア・・・4位

南アフリカ・・・5位

アルゼンチン・・・9位

日本・・・11位 です。

 

クラブチームのリーグ戦なので、日本国籍であることなど、一切関係ないのですが、日本は、日本代表の強化のために参入した意味もあり、日本代表選手が多く参加しています。

 

ただし、ラグビー強豪国のチームには、なかなか勝てません。90点以上の点差をつけられて、元南アフリカ代表のヘッドコーチ(野球では監督)には、「サンウルブズは、スーパーラグビーをなめているのか?」と言われる状況でした。

 

ですから、今日、東京秩父宮ラグビー場での最終試合は、是が非でも勝ちたい試合でした。しかし、相手チームのブルーズは、ニュージーランド代表を多く集める強豪チーム。まさか、勝つと予想した人はいなかったのでないでしょうか。

 

2019年には、ラグビーのワールドカップが日本で開催されますので、ラグビーの試合を見たことがない人は、今から、少しづつラグビーを知って、ワールドカップを楽しんでは、いかがでしようか?

 

私は、格闘技しかやったことがなかったのですが、40歳近くになって、ラグビーを好きになりました。そこでラグビー観戦初心者が、最低抑えておきたい、ざっくりラグビールールをまとめてみました。

 

1.ラグビーは、15人対15人を試合する。

 

2.試合時間は、前半40分、ハーフタイム10分、後半40分の合計80分

 

3.ボールを持って相手の陣地に攻め込んでいき、ゴールラインを超えてボールを地面に着ける(トライ)か、ボールを蹴って、ゴールポストの間にボールを通過させると得点となる。

 

4.ボールは前に投げたら(パス)反則。必ず自分より後ろにパスしていく

 

5.ただし、キックは前に蹴ってもOK

 

6.相手の前進を止めるタックは、ボールを持っている人しかできない。

 

7.ボールを持って倒れたら、ボールは離さなくてはならない。寝てプレーできない。

 

8.基本的に危険はプレーは全て反則

 

こんなところです。素人なのでご容赦を。

100キロ、2メートル近いフィジカルモンスター、韋駄天、小さくてすばしっこい奴、献身的な奴、おいしいところ取り、など、15人がそれぞれの個性を出し、死にものぐるいで、ボールを奪い合う、単純なわかりやすいスポーツです。

一度、試合を観戦してみて下さい。では!