サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

「世界最強の商人」は、古典のビジネス書ですが、言っていることは、現代でも十分通用する内容でした。でも簡単なことほど難しいかな。

こんにちは!

今回は古典のビジネス書のご紹介です。

 

世界最強の商人:オグ・マンディーノ

原著は、1968年にアメリカで出版されています。約50年前の本です。

【内容】

教えを守ると世界最強の商人になれる。ある善行がきっかけで、少年ハフィッドは、師から突然、成功のための秘訣が書かれた10巻の巻物を譲られた。巻物の教えに従い大成功した彼は、巻物を継ぐにふさわしい人物を密かに待ち続ける。時は流れ、年老いたハフィッドを埃まみれの青年が訪ねてくる。二人を結びつけたのは“奇跡”だった…。人生の成功の原理と真実を説き、世界中の経営者たちが愛読した名著です。

 

文字は大きめの180ページなので、結構すぐに読めます。あまり書くと、ネタバレになり面白くないので、あまり内容は書きませんが、10巻の巻物に書かれていることを忠実に実践していくと、おそらく現在のビジネスでも成功できると思います。内容は目新しいことはありません。というか、50年前に書かれたので、現在のビジネス書が、目新しいことを書いていないのですね。

 

著者、オグ・マディーノは、自己啓発と成功哲学の作家、講演者で、もともとは、貧困と失意の中から、成功した人です。彼が身をもって体験した、成功法則が書かれているため、50年も読み続けられる本となっているようです。

 

本の訳者あとがきに、オグ・マディーノの経歴がありましたので抜粋しておきます。

1923年:アメリカ生まれ。両親は移民。

1940年:大学入学間近で母親が急死し、大学進学をあきらめ、製紙工場で働き始める。

1942年:陸軍航空部隊に入隊。戦後、軍隊時代に貯めたお金で作家を目指すも挫折。生命保険のセールスマンとなり、結婚し娘が生まれる。しかし、現実逃避のためアルコール依存症となり離婚。古い車で国内を放浪しながら、職を転々とし、稼いだお金は全て飲み代となった。自殺を考えたときに、図書館で、過去の巨匠の成功哲学の本を読み、人生を変える決意をする。一念発起して保険会社に就職。1年でその会社の販売部長となる。

1965年:「サクセス・アンリミッテッド」誌の編集長となり、文筆業の活動を始める。

1968年:本書出版

1996年:永眠

 

私も中年ですが、まだまだビジネスで成功したいので、本書を何度も読み返して、自分のものにしたいと思いました。では!また。