サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

スマートさの欠片もない、圧倒的な熱量と練習量。増田俊也の「七帝柔道記」は、圧巻の格闘私小説です。

こんにちは!

初めに断っておきますが、今回も、暑苦しくて、さわやかではない、格闘技の本を紹介させて頂きます。私が好きなこともあり、最近、これが男だ!的は話が多いのですが、いないであろう女性の読者を増やしていきたいため、しばらく、格闘技系の話は自重します(笑)。

ですから、今回は存分に紹介させて頂きます!

 

「七帝柔道記」増田俊也

 

文庫本も出ておりました。

著者の増田俊也は、以前紹介させていただいた「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか 」の著者です。

www.survival-cafe.com

「七帝柔道記」は、著者、増田俊也が、北海道大学柔道部に入部し、血と汗と仲間達との2年間を描いた私小説です。

 

「七帝」は旧帝国大学、北海道、東北、東京、名古屋、京都、大阪、九州大学の7大学のことです。この7大学では、オリンピックやテレビで見る一般的な柔道と違い、寝技中心の柔道「七帝柔道」が行われていて、年一回、七帝戦という大会が開かれています。

この寝技中心の「七帝柔道」は、戦前、旧制高等や旧制専門学校で行われていた、高専柔道がベースになっているのですが、詳しくは、増田俊也さんの公式ブログが詳しく、さらに面白いです。

blog.livedoor.jp

 

「七帝柔道記」ですが、その寝技中心の「七帝柔道」の練習風景がすさまじいです。

かつては優勝もしていた、栄光の北大柔道部も、増田俊也が入部したころは、万年最下位。汗が蒸気となって、もうもうと立ち込める道場で、毎日、気が遠くなるような練習を重ねても勝てない日々が続きます。

強豪、北海道警への出稽古では、壁や鉄製ロッカーにぶつけられ、締め落されて失禁を繰り返すような、練習を積みます。

誰に強制された訳でもなく、ただ年1回行われる、一般に人にはほとんど認知されていない、七帝戦に勝つために。苦行層のように練習を繰り返します。

ただ、先輩から後輩に繋ぐ、暖かい思いが溢れており、読んでいると、胸に熱い思いがこみ上げてくる場面も多く、悲惨さはありません。

スマート、さわやか!なくて結構!と思える青春小説です。

 

その後の北大柔道部の動画がありました。読後に見ると、泣けてきます。

youtu.be

 

おまけ1

実は、すでに「七帝柔道記」の続編が出ておりました!また、読んでみます。

 

おまけ2 

小説家、井上靖も高専柔道経験者で、自身を主人公として、高専柔道に打ち込んだ日々を、「北の海」という私小説に書いています。

 

では!また。