サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

日本のがんの1/4は予防できる!「むだ死に大国」日本で生き残るには、ピロリ菌に気をつけろ!

こんにちは!

また、堀江貴文の本を読んでしまいました。オレも好きですね。でも、また今回も、非常に面白いし、ためになる本でした。

 

むだ死にしない技術:堀江貴文 

ちなみに、「むだ死に」とは…

予防する手段があるのに関わらず、何の手も打たずに、病気にかかって命を落としてしまうこと。あるいは、知識不足や怠慢から、検診や治療をせずに健康を害し、生活の質を損なうこと。としています。

 

初めて知って衝撃的だったのは、日本のがんの1/4に当たる、胃がんの原因の99%が、ピロリ菌による感染によるものだということです。

ピロリ菌?初めて聞きました。

f:id:Sanpo-yoshi2016:20170608230023j:plain

ピロリ菌は、正式には、ヘリコバクター・ピロリといいます。日本のピロリ菌の感染率は、20代で10%以下、30代で15~20%、60代で50%以上となり、年配の人ほど感染率が高く、ほとんどの人が5歳未満で感染しています。

また、日本は「地震大国」と言われていますが、海外から見ると「胃がん大国」言われるほど、欧米諸国の5倍の胃がん発生率となってます。

毎年、胃がんで5万人が亡くなっているのに、検診率は10%。私もですが、健康食品や特保などには気をつけるに、根本の「予防」ができてません・・・

 

でも、ピロリ菌は除菌できるのでちょっと安心です。

堀江貴文が立ち上げた、予防医療普及協会のサイトには、ピロリ菌感染度診断がありましたので、私もやってみましたが、何と感染度90%!かなりやばいです。

その他、ピロリ菌について、細かく説明があり、結構面白いサイトです。

www.p-project.jp

 

ピロリ菌は、病院でも数千円で検査できますし、ネットには、郵送による検査キットありました。

 

本に戻りますが、その他にも「むだ死に」防止の予防医療の例が多く書かれています。全ては自分の身に降りかかってくることですので、興味ある人は、まず本を呼んでみてください。

では!