サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

異色の警察小説、今野敏の隠蔽捜査シリーズ。主人公の”竜崎伸也"は、我々が待ち望んでいる、理想の官僚ヒーローです。

こんにちは。

今回は、私のお気に入りの警察小説、今野 敏(こんの びん)の隠蔽捜査シリーズを紹介させて頂こうと思います。嬉しいことに、このシリーズですが、現在進行形で、まだ続いてますので、新刊の発売を待つという楽しみも増えます!(笑)

隠蔽捜査シリーズですが、警察小説にありがちな派手なアクションや、魑魅魍魎の警察組織の話はあまりありません。本の表紙と同様に地味な主人公、竜崎 伸也(りゅうざき しんや)に対して、はじめは、何だこいつ!と思っていたのが、そのぶれない合理的思考や、公僕として、私利私欲なく、国家公務員たらんとする姿や、いっさいの融通を利かさない姿勢は、コミカルであり、読み進めるうちに、竜崎を応援してしまいます。警察小説というよりは、竜崎伸也の笑える堅物躍記と言った方がいいかもしれません。

 

竜崎 伸也(りゅうざき しんや)のプロフィール

東大法学部卒で、キャリア試験現役合格した警察庁の官僚。警察署長を歴任後、大阪府警警備部長、警察庁長官官房総務課課長をへて、現在は大森警察署署長。

 

隠蔽捜査シリーズ

隠蔽捜査

【内容】

警察庁長官官房総務課長、竜崎伸也は連続殺人事件のマスコミ対策に追われる中、犯人は警察関係者との疑念を抱く。その一方で、家庭でも息子の犯罪行為を知り、愕然とする。混乱する捜査本部、揺れ動く家族。組織の威信、キャリア官僚としての誇り、そして父の威厳を守るために、竜崎の孤独な闘いが始まった。警察小説の歴史を変えた、吉川英治文学新人賞受賞作 。

 

果断 隠蔽捜査2

【内容】

長男の不祥事により大森署署長に降格させられた竜崎は、着任早々、立てこもり事件に直面する。容疑者は拳銃を所持。事態の打開策をめぐり、現場に派遣されたSITとSATが対立する。異例ながら、竜崎が自ら指揮を執り、この事案は解決したはずだったが…。山本周五郎賞・日本推理作家協会賞。

 

疑心 隠蔽捜査3

【内容】

アメリカ大統領の訪日が決定。大森署署長・竜崎伸也は、羽田空港を含む第二方面警備本部本部長に抜擢された。やがて日本人がテロを企図しているという情報が入り、その双肩にさらなる重責がのしかかる。米シークレットサービスとの摩擦。そして、臨時に補佐を務める美しい女性キャリア・畠山美奈子へ抱いてしまった狂おしい恋心。竜崎は、この難局をいかにして乗り切るのか。

 

転迷 隠蔽捜査4

【内容】

大森署署長・竜崎伸也の身辺は、にわかに慌しくなった。外務省職員の他殺体が隣接署管内で見つかり、担当区域では悪質なひき逃げ事件が発生したのだ。さらには海外で娘の恋人の安否が気遣われる航空事故が起き、覚醒剤捜査をめぐって、厚労省の麻薬取締官が怒鳴り込んでくる。次々と襲いかかる難題と試練。闘う警察官僚竜崎は持ち前の頭脳と決断力を武器に、敢然と立ち向かう。

 

宰領 隠蔽捜査5

【内容】

衆議院議員で与党の実力者 牛丸が行方不明になり、大森署管内で運転手の他殺体が発見され、牛丸を誘拐したと本庁に入電があった。発信地が横須賀市付近という理由で、警視庁・神奈川県警の合同捜査が決定。指揮を命じられたのは一介の署長に過ぎぬ竜崎伸也だった。反目する二つの組織、難航する筋読み。解決の成否は竜崎に委ねられた。

 

宰領 隠蔽捜査6

【内容】

大森署管内で女性の連れ去り事件、さらに殺人が勃発。ストーカーによる犯行が濃厚になる中、捜査の過程で署長・竜崎は新任の上役と対立する。家庭でも娘にストーカー騒動が発生。予想不能の事態が公私に続発する。

 

権力に媚びず、常に合理的に正論を貫く竜崎を、疑い、煙たがっていた、大森署員達も、巻が進むにつれ、すっかり虜になってしてしまう魅力が竜崎にはあります。人事異動を匂わせながら、去就は終わっているので、次回は、警察の中枢に戻るのか、地方に左遷させられるのか、楽しみはまだ続きそうです。興味が出た方は、ぜひお読みください。 では。