サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

将棋漫画「3月のライオン」は、将棋界やプロ棋士の生活がわかります。藤井四段の今後の活躍も楽しみですね。

こんにちは!

神木隆之介主演で大ヒットした映画「3月のライオン」や、史上最年少棋士で29連勝した藤井四段など、最近、将棋の注目度が高くなってます。(あっ、スマホの不正使用疑惑もありました!)

映画は漫画が原作ということで、早速、漫画を読んでみました。

 

 

この本、知りませんでした。女性作者の漫画は、まず手にとることはないです。以前、紹介させていただいた、「オールアウト」は、ラグビー漫画だったので、たまたま読んだのですが。女性差別、反省です。

www.survival-cafe.com

漫画「3月のライオン」は、2007年から「ヤングアニマル」で不定期連載中で、すでに、1~13巻まで発売されています。「ヤングアニマル」の白水社の公式サイト、恐ろしいほど「3月のライオン」のページが充実しております。

『3月のライオン』羽海野チカ | 白泉社

日本将棋連盟と共催して、子供将棋大会も やっているようです。

 

将棋自体、ほとんどの人は知っていると思いますが、将棋連盟がどういったところなのか、プロ棋士の収入や生活などは、ほとんどわかりません。漫画「3月のライオン」はプロ棋士の生活が書かれており、そんな将棋の世界が垣間見えます。

 

現在、無料将棋アプリなども充実しており、将棋に触れる機会も多いと思いますが、小さなお子さんを持つ親御さんは、ぜひ、木製の将棋を買って、お子さんと向かい合って、将棋をやってみてください。私も、自分が子供の時に買ってもらった将棋盤を使って、子供に教え、今もたまに子供達と将棋をやっております。

 

木製の将棋、将棋盤

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

将棋セット 新桂5号折将棋盤と特製源平将棋駒(国産)
価格:2890円(税込、送料別) (2017/3/20時点)

 

将棋のルールは、日本将棋連盟の公式サイトが詳しいです。

www.shogi.or.jp

では、また!!