サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

ラモス脳梗塞から退院。前ラグビー日本代表ヘッドコーチのエディ・ジョーンズも脳梗塞で一時期入院してました。

こんにちは!

昨年年末から、脳梗塞で入院していた、サッカー元日本代表のラモス瑠偉(60)が、先日2月14日に退院しましたね。

そういえば、ラグビー前日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ(当時53)も、ワールドカップの2年前に、脳梗塞で1ヶ月ちょっと入院してました。

痛風、高血圧、メタボの成人病3冠王にもうすぐ届きそうな私ですが、脳梗塞って、知っているつもりが、あまりわかってなかったので、調べてみました。

 

「脳梗塞」とは?

脳の血管が詰まったり、脳の血のめぐりが悪くなったりして、脳組織が酸素欠乏や栄養不足となり、その部分の脳組織が壊死(えし)してしまうことを言います。日本では、毎年約50万人が発症し、死亡や後遺症が残ることが多いようです。

 

脳梗塞は、特に男性や高齢者に多く、高血圧、糖尿病、肥満、ストレスなどの、生活習慣病を起因として起こることが多いため、まずは、生活習慣を直して、治療すべき生活習慣病を早めに治すことが必要です。

 

まぁ、私で言えば、いち早く、高血圧、メタボを改善することからですね。

 

しかし、ラモスとエディ・ジョーンズは、あまり生活習慣病と関係なさそうでしたが、共通しているのは、大変な熱血漢ということ。2人とも、ストレスによるところが大きな気がします。

 

Amazonで最も売れている「脳梗塞」本

脳梗塞・心筋梗塞は予知できる

脳梗塞・心筋梗塞は予知できる

 

Amazonで今最も売れている「エディ・ジョーンズ」本  

エディの考え、言葉は、ビジネスでも十分通用すると、今人気です。 

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング

ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング

 

私は、ラグビー好きなので、エディ・ジョーンズを知っているのですが、初めての人のために簡単な経歴を書いておきます。

 

エディー・ジョーンズ

オーストラリア生まれの現在57歳。奥様は日本人。

高校の体育教師から、校長もやっていたが、その後、東海大学ラグビー部のコーチに就任し、コーチとしてのキャリアスタートした。オーストラリア代表ヘッドコーチ時代、ワールドカップは準優勝。その後、南アフリカ代表スタッフに入り、南アフリカはワールドカップ優勝。2009~2011年まで、サントリーのGM兼ヘッドコーチで日本選手権優勝。

2012~2015年まで、日本代表ヘッドコーチ。ワールドカップでは、世界的強豪、南アフリカ代表に勝利し、24年ぶりにワールドカップ2勝目をあげた。現在、イングランド代表ヘッドコーチで、就任から負けなしの14連勝中。

 

とにかく、すごいコーチです!