サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

「プレイボール」を知らずして野球漫画を語るなかれ。キャプテン谷口が高校野球で復活!

こんにちは。

暖かい日が続いたと思ったら、急に寒くなり、雪もちらほら。明日はもっと寒くなるようです。通勤電車でも、咳をしている人が気になりますね。逆にマスク無しで咳をすると、肩身が狭い。

インフルエンザに敏感になった!、免疫力が弱った!と言うよりは、使い捨ての紙マスクが一般的になったということでしょう。(昔は布マスクだったなぁ)

マスクで最近気になるのは、以下添付のような、黒マスクをしている人を見かけるようになったことです。この人みたいなモデルがすると、かっこいいのですが、私が見かける人は、結構怪しい人が多く、他のアジアの国で流行っているのかな・・・怖い。と思ってました。

調べてみると、竹炭入りで防臭、脱臭、除菌効果があり、最近人気が出ているようです。でも違う!オレがすれ違う人は、もっと、ペラッペラの紙マスクで、これじゃない。そんな怪しいマスクをしている人の無料画像がなく、紹介できずに残念です。

 

すみません!かなり前置きが長くなってしまいました。 先日、40代の飲み会で、昔の漫画は熱かったな…という話になりました。これは、「今の若いヤツは…」と、古代エジプトのパピルスに書かれていたことと同じで、オレ達の頃は…的な、昔を懐かしむ、中年世代の飲み会のパターンでした。

 

しかし、昭和の漫画、特に野球漫画は、”巨人の星”、”ドカベン”、”タッチ”など、名作漫画がたくさんあったことは確かです。その話の中で、「キャプテン」の続きがあることを知らない中年がおりました。これは、紹介しない訳にはいかないと、絵は地味だけど、熱い、「プレイボール」紹介させていただきます。

 

プレイボール ちばあきお

ちなみに、作者の”ちばあきお”は、”あしたのジョー”を書いた、”ちばてつや”の弟です。

 

「プレイボール」は「キャプテン」の続編ですが、「キャプテン」が中学野球漫画、「プレイボール」は高校野球漫画となります。30年以上前の週刊少年ジャンプに連載されており、「キャプテン」で墨谷二中野球部のキャプテンだった谷口が、墨谷高校に進学してからの話です。

 

ざっくりあらすじ 

谷口は、中学野球大会決勝の青葉学園との激闘で、指を骨折。墨谷二中を卒業し、墨谷高校に進学します。骨折した指は、医者には行かず不養生のため、曲がったままで、ボールが投げらず、野球を諦め、サッカー部に入部します。サッカー部でも持前の努力で頭角を現しますが、野球への思いが断ち切れない谷口は、サッカー部を退部。曲がった指のハンデを背負い、野球部に入部します。。谷口の高校野球の「プレイボール」です。

 

他高に進学した中学時代のチームメイトとの対戦、墨谷二中の後輩、ライバル達も高校生となり、登場してきますので、「キャプテン」「プレイボール」と、続けて読むと、面白さが倍増します。”ちばあきお”の絵は、今の漫画ではあり得ないほど地味ですが、ストーリー、キャラでグイグイ読ませてくれます。

 

谷口がどんな野球をするのか?弱小墨高野球部はどうなるのか?甲子園は?

つい最近、大人買いし、ワクワクしながら読み直しました。昭和スポ根世代にはハマると思います。(平成ワンピース世代に伝わるかな?)ぜひ、一読ください。

 

参考)キャプテン

以上です!