サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、サバイバルに生き抜くための情報を発信していきます。

「伊賀野カバ丸」以降の現代忍者マンガを求む!と思っていたら、続編が31年ぶりにやっていた。

こんにちは。

元旦から天気がよく、良い正月でしたが、あっとに間に、仕事がはじまりました。

すぎてしまうと、正月もあっと言う間ですね。

 

またまた、古い漫画、また、ちっともサバイバルではなく、すみません!

 

今はマンガ中年の、マンガ少年だった私は、もちろん少年ジャンプで育ったのですが、妹が買っていた、『りぼん』や『マーガレット』も読んでました。だから、違和感なく少女マンガが読めるかというと、そうでもなく、線が独特の少女漫画には、今でも結構抵抗あります。(今、読むことはあまりないのですが)ただ面白い漫画も多いのは確かです。

 

この「伊賀野カバ丸」は『別冊マーガレット』に、1979年~1981年に連載された、亜月裕の漫画です。単行本全12巻+外伝2巻が出ています。

 

「伊賀野カバ丸」は現代忍者漫画です。世界でも知らない人はいない、”Japanese Ninja”ですが、漫画でも数多くの名作があります。ただ、現代日本を舞台に、忍者が活躍する漫画はあまり多くはありません。現代忍者漫画のトップは何と言っても「忍者ハットリくん」になってしまうのですが、私は、この「伊賀野カバ丸」を一押しします。

 

「伊賀野カバ丸」あらすじ

人里離れた山奥で、才蔵じいさんに忍者の修行を受けながら育った伊賀野影丸、通称カバ丸。才蔵が亡くなり、山をおり、東京の金玉学院(”きんぎょく”です!)にお世話になることに。

カバ丸は、院長の孫娘、大久保蘭に一目惚れですが、蘭は、下品で粗野で大食いのカバ丸を毛嫌い。また、金玉学院を影で支配する関東学生諸星連盟の総長、目白沈寝(めじろ しずね)は、カバ丸の鍛えられた、超人的運動能力に目をつけ「忍者」として、利用することを考えます。

しかし、ライバル校、王玉学園(おうぎょく)にも、忍者の影が…。驚くべき身体能力と、尋常ならぬ食い意地で、金玉学院を騒動の渦に巻き込んでいく、学園コメディーです。アニメにも、実写映画にもなっていました。

 

文庫ではコンパクトに全4巻となってました。

伊賀野カバ丸 文庫版 コミック 全4巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

伊賀野カバ丸 文庫版 コミック 全4巻完結セット (集英社文庫―コミック版)

 

 

30年以上前の漫画か…と、思ったところ、何と!31年ぶりに、続編「伊賀野カバまる★そりから」が、単行本書き下ろしで、発売されておりました。

伊賀野カバ丸・そりから (マーガレットコミックス)

伊賀野カバ丸・そりから (マーガレットコミックス)

 

 

懐かしい!カバ丸にまた会えるとは思っておりませんでした。気がつかなかった、マンガ中年もまだまだです。昔読んでいた人も、初めて読む人も、おすすめです。才蔵じいさんは、相変わらずオドロおどろしく、元気でした!

ヨシ。