サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

読書記録-ノンフィクション

2人の人間性に感動です。友情・平尾誠二と山中伸弥「最後の一年」

こんにちは! 2016年に亡くなられた、ミスター・ラグビーと呼ばれた平尾誠二さんと、iPS細胞の研究でノーベル賞を受賞された山中伸弥さん、2人が出会ってから6年間の交流と、平尾さんの闘病の1年を描いた本を読みました。 友情 友情 平尾誠二と山中伸弥「最…

幻冬舎見城社長の圧倒的読書量と熱量に完敗「読書という荒野」

こんにちは! 幻冬舎と、幻冬舎の見城社長をご存知でしょうか? 幻冬舎は、角川書店の編集者だった見城徹さんが、1993年に立ちあがた出版社です。ベストセラーを多く出版し、今でも勢いのある出版社です。 参考)見城さん twitter.com 今回読んだ本は、見城…

大河ドラマ「いだてん」を諦めた人におすすめの本「金栗四三 消えたオリンピック走者」

こんにちは! 大河ドラマ「いだてん」、話題性?はあるのですが、視聴率はあまりパッとしないようですね。大河好きの私も飛び飛びでしか見ていません。大河好きと言っても、西郷どんも途中であきらめましたが。 「いだてん」の放送する時間帯は、面白い番組…

プロ農家が書いた、日本の農業の未来「誰も農業を知らない」。花粉症を治す、スギ花粉米を知りました!

こんにちは! 日本の農業について、危機的状況だ!、いや今は若い人や企業の参入が増えている!など、いろいろな話を聞くのですが、実際のところどうなのか、よくわかりません。 父や母の実家は今も農業を続けていますし、友人に兼業農家もおり、結構身近で…

柔道好き、木村政彦好きのマニアの必読本!。増田俊也「木村政彦外伝」の熱量に、完読1週間かかりました…。

こんにちは! 気にはなっていたのですが、その本の厚みに、手が出ずにいた本「 木村政彦外伝」をやっと読めました。 2段抜き719ページ。初めのプロローグで、著者、増田さんはこう書いています。 分厚く内容の濃いこの本を三日や四日で読み切ることはできな…

子育て主婦がネットショップから実店舗の雑貨店を始めた話。起業を目指す人必読「雑貨店おやつへようこそ」

こんにちは! 私は中年の窓際会社員なので、個人事業主や個人商売など、起業に憧れています。何とかネットで副業ができないか妄想の日々ですが、ブログが精一杯な状況です。 そんな、いつか自分のお店をもってみたい人、必読の本を読みました。 雑貨店おやつ…

24時間介助で生きることを諦めない男とボランティア達との繋がり。映画「こんな夜更けにバナナかよ」の原作読みました。

こんにちは! 昨年の年末に公開されて、大変気になっていた、大泉洋さん主演の映画「こんな夜更けにバナナかよ」の原作を読みました。 参考)映画 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』主題歌「フラワー」入り予告 原作・・・いいノンファクション本で…

堀江貴文vs寿司職人8人。炎上した修行不要論の決着がついたような気がします…。 

こんにちは! ホリエモンこと、堀江貴文さんの言動、私は好きで、結構注目しています。既得権や古い体質に流されない、合理的な考え方に惹かれるのでしょうか。 今回の本は、3年ほど前に、堀江さんが、Twitterで「鮨職人が何年も修行するのはバカ」と投稿し…

押井監督が批判禁断の宮崎駿映画を斬る!「誰も語らなかったジブリを語ろう」は、ジブリ好きにおすすめです。

こんにちは! 私は宮崎駿監督の映画が好きです。何度かブログの記事にしていて、くどいほどですが、あえて、宮崎駿監督作品のベスト5をあげると 1位:未来少年コナン 2位:ルパン三世 カリオストロの城 3位:天空の城ラピュタ 4位:風の谷のナウシカ 5位:…

感涙のラグビー・ドラマを活字で読む。「伏見工業伝説 泣き虫先生と不良生徒の絆」 電車で読むときは注意です。(笑)。

こんにちは! 今年は、ラグビーのワールドカップが日本で開催されます。私は40歳頃に、ラグビーが好きになった遅咲きファンですが、日本のラグビー人気がいまひとつの現状で、ワールドカップの日本での開催は、観客席がガラガラで世界に恥をさらすのでは?……

絶滅した生き物図鑑「わけあって絶滅しました」、発見されて27年で絶滅したステラーカイギュウさんが可哀そう。

こんにちは! だいぶ遅いですが大ヒットした「わけあって絶滅しました」を読みました。「陸王」にするか迷ったんですよね(笑)。 著者、丸山貴史さんは、これまたヒットした「ざんねんないきもの辞典」も作られたようです。(これも今頃知りました…) 参考…

妖怪アホノミクスが洗脳?? 経済成長・収益・生産性・税金の4つの思い込みを解説。浜矩子「洗脳された日本経済」

こんにちは! 安部政権の経済政策を、真向から批判、反対している経済学者、浜矩子さんの本を読みました。しかし、最近の浜さんの本ですが ・これでも「アベ」と心中しますか? ・ど・アホノミクスの正体 ・アホノミクス完全崩壊に備えよ ・アベノミクスとア…

サラリーマンでも働きながら夢を実現できる! 激務の中、週末だけで世界一周したサラリーマン。

こんにちは! 会社勤めをしながら、週末に自分のやりたいことをやっている人、実は結構います。でも、組織の中で、仕事以外の趣味(遊び)の話をすることは、若い人ほど、難しいのではないでしょうか。 イヤミな先輩や、性格の悪い上司は、どんな組織でもい…

猟師になりたい!猟師に憧れている人におすすめ。私が読んだ、初心者が猟師になった体験本5冊。

こんにちは! 最近、テレビや新聞、雑誌などで、ジビエやジビエ料理という言葉を、聞くことが増えてきました。ちなみに、ジビエ=狩猟によって食材として捕獲される野生鳥獣やその肉、というフランス語だそうです。 高齢化や過疎化により、害獣被害が拡大し…

南海キャンディーズ山里亮太さんの「天才はあきらめた」 嫉妬心をガソリンに、努力する天才の青春!

こんにちは! 南海キャンディーズの漫才、おもしろいですが、それほどでも…と思っているのに、山里亮太さんの「天才はあきらめた」を読んでしまいました。 「天才はあきらめた」 天才はあきらめた (朝日文庫) posted with ヨメレバ 山里亮太 朝日新聞出版 20…

クレイジーなアメリカの若者が、謎の独立国家「ソマリランド」に学校を作って、結果を出している話。

こんにちは! 「ソマリランド」をご存知でしょうか?知っている人の半分近くは、高野秀行さんの「謎の独立国家ソマリランド」という本を読んだ、マニアック?な人ではないでしょうか。 私はまだ、この本を読んでいません。なにせ、持ち運びが出来ないぐらい…

人間が少しずつでも進化していると信じたい。心理学者、強制収容所を体験する「夜と霧」は絶対読むべき!

こんにちは! 今回は世界的名著「夜と霧」を読みました。 この本の存在は、かなり若いころから、ナチスの強制収容所の経験に基づいた本として知ってはいたのですが、他の収容所体験の本を何冊か読んでいたこともあり、今まで、特に読む必要は感じませんでし…

元東大生で刑務所に入った二人。カジノで106億円熔かした男の転落記と、ホリエモンの対談を読みました。

こんにちは! 私、ホリエモン(堀江貴文さん)の本が好きで、よく読むのですが、先日読んだ「東大から刑務所へ」という本は、ホリエモン本としては、まったく面白くなかったです。ただ、拘置所や刑務所での生活が知りたい方には、いい本だと思います。 「東…

今更書かれた「アリ対猪木」を今更読んだ。世紀の凡戦の背景は面白い。

ども。 今回も、格闘技好きしか興味のない、マニアックな本。アメリカ人が書いた「アリ対猪木」を読みました。 アリ対猪木 アメリカから見た世界格闘史の特異点 アリ対猪木――アメリカから見た世界格闘史の特異点 posted with ヨメレバ ジョシュ・グロス 亜紀…

住友銀行秘史は、おじさん型日本企業の社内人事抗争史でした! 銀行志望の学生は読むべし。

こんにちは! 森友問題が沸騰してます。国民を馬鹿にした、ルール無用の何でもありの官僚や政治家に、ほとほと嫌気がさしますが、忖度、保身と、今の日本の組織ではよくある話ですね。悲しいかな無責任が横行する国に未来は無いかもしれません。若者立ち上が…

「言ってはいけない」は、実はみんなが気付いている「残酷すぎる真実」だと思う。

こんにちは! 先週末は久しぶりに、東京、神宮外苑の秩父宮ラグビー場に行き、ラグビーの日本選手権、サントリーサンゴリアスとパナソニックワイルドナイツの決勝を見てきました。 ↓ 試合前の様子 秩父宮は超満員、試合は最後まで勝敗がわからない熱戦でした…

村上ファンドを誤解していました。投資に興味のある人に「生涯投資家」はおススメです。

こんにちは! 最近、子供にクリスマスプレゼント?として買ってやった、漫画「NARUTO-ナルト」全72巻を読破中で、あまり本が読めていませんでした…。ナルト、初読みでしたが、おっさんが読んでも面白かったです。 ただ、バトル、対戦ものの話だと、次々に強…

箱根駅伝素人の勝手な予想。優勝:東海大、2位:青学大、3位:東洋大!

こんにちは! 大相撲(場外乱闘?)について、書きたかったのですが、もうだいぶ語りつくされましたね。でも1点だけ。 「貴乃花のスーツ姿は首が苦しそう!」 私もネクタイを締めて仕事をしているのですが、あれだけきっちりネクタイはしていません(私がだ…

人口減少日本でこれから起こること。日本人が絶滅危惧種に!?

こんにちは! 最近、少子高齢化により、日本がどうなっていくのか?関連の本をよく読みます。「将来なんて知ったこっちゃない!今が楽しければいい!」「生活していくのに必死で、将来は考えられない…」という人もいると思いますが、それでは少し寂し過ぎま…

住宅過剰社会の末路・・・2033年には3戸に1戸が空き家に!そして無計画のツケは子供達に。。。

こんにちは! 少子高齢化で、近い将来、日本は大変にことになる!と言われているため、最近、その手の本をよく読みます。 参考)限界国家 www.survival-cafe.com しかし、不思議なことに、東京ではバンバンと、タワーマンションが建ってますし、郊外の私の家…

限界国家日本。人口大減少で日本の活力喪失はすでに始まっている。 役所の答弁書の朗読をしている場合か?

こんにちは! また今回も刺激的な本を読みました。まずいぞ日本!的本です。 限界国家 人口減少で日本が迫られる最終選択 (朝日新書) posted with ヨメレバ 毛受敏浩 朝日新聞出版 2017-06-13 Amazon Kindle 楽天ブックス 過疎化などで、人口の50%以上が65歳…

スマートさの欠片もない、圧倒的な熱量と練習量。増田俊也の「七帝柔道記」は、圧巻の格闘私小説です。

こんにちは! 初めに断っておきますが、今回も、暑苦しくて、さわやかではない、格闘技の本を紹介させて頂きます。私が好きなこともあり、最近、これが男だ!的は話が多いのですが、いないであろう女性の読者を増やしていきたいため、しばらく、格闘技系の話…

「勝ち過ぎた監督 駒大苫小牧 幻の三連覇」 北海道民500万人を熱狂させた男の勝ち続ける苦しみ

こんにちは! また面白い、スポーツ・ノンフィクションを読みました。スポーツ・ノンフィクションは、「絵になる主人公+読まる作家」で非常に面白い本(時には名作)になるのですが、圧倒的に主人公の個性が強いと、その人をそのまま書くだけでも、十分読ん…

社長引責 破綻からのV字回復、ただし、社員は、なすすべなくリストラされるだけなのか・・・。

こんばんは。 未だにブログの方向性が定まらず、迷走しているのですが、本や漫画は際限なく乱読してますので、そっちが中心になるのかなぁ・・・と思いつつ、今回も本をご紹介させていただきます! 「社長引責 破綻からのV字回復の内幕」 社長引責 破綻から…

あいつもサイコパスか?100人に1人、あなたの隣にもサイコパスがいるかも!?

こんにちは。 ここ数年「サイコパス」と言う単語をよく聞くようになりました。中年の私は、昔のヒッチコック映画の影響なのか、サイコ=精神異常者と刷り込まれているため、今売れているこの本「サイコパス」も精神異常の犯罪者の本かなと、ワイドショー的に…