サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

読書記録-エッセイ・評論

読み返したくなる椎名誠の青春5部作。作家「椎名誠」「本の雑誌社」誕生の物語。

こんにちは! 今回は、私が一時期ハマっていた、椎名誠さんの本の紹介です。 椎名誠さんは、非常に多作で、今も沢山の本を書き続けています。私は、学生時代に知って、その頃出版されていた本は、ほとんど読破していたのですが、今は若干飽きてしまったのか…

「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」は、内容は刺激的でおススメですが、書名はセンスがない。

こんにちは! 今回は、ケント・ギルバートが書いた「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」を読みました。 その前に、我々40代後半以上の人は、ケント・ギルバートと言ったら、大橋巨泉が司会をやっていた「世界丸ごとHOWマッチ」の解答者です。あの…

東日本大震災で被災したイラストレーター、アベナオミさんの「被災ママに学ぶ、ちいさな防災のアイディア40」は、読みやすい実用的な良書でした!

こんにちは。 今回は、東日本大震災で被災した、ママさんイラストレーター、アベナオミさんの、「被災ママに学ぶ ちいさな防災のアイデア40」を紹介させて頂きます。 被災ママに学ぶちいさな防災のアイディア40 posted with ヨメレバ アベ ナオミ 学研プラス…

「むかしは良かった」病は、今を否定している悲観論者のビョーキ!?

こんにちは。 昔は良かったね、日本は安全だったのに。 子供達は元気だったのに、地域の絆があったのに、みな勤勉だったのに…ということをよく聞きます。しかしそれは捏造された間違いであることを、資料を丹念に分析し、通説をひっくり返す本、"「昔はよか…