サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

「働きがいのある会社」は、日本の場合「滅私奉公」や「やりがい搾取」になってしまうのか?

こんにちは!

「働きがいのある会社」を読みました。この本は、GPTW(Great Place to Work)という、会社の「働きがい」を調査・分析し、ランキングを発表したり、支援したりする、コンサル会社のCEO(最高経営責任者)が書いた本です。

 

結果、本の内容は自社の宣伝的要素が強いですが、言っていることは、その通り!と、窓際族の私でも納得の正論が書いてあります。

 

GPTW社が「働きがいのある会社」を評価するポイントは2点

1.従業員がどう働きがいを感じているか

2.会社側が従業員の働きがいを高めるため、どのような努力をしているか

で評価し、

「働きがいのある会社」=「従業員が経営者、管理者を信頼し、自分の仕事に誇りを持ち、一緒に働いている人たちと連帯感を持てる会社」としており、「働きがいのある会社」は、結果として、売り上げ、利益も増してくるとまとめてます。

 

参考)ランキングが公開されてました。

2017年:世界ランキング

hatarakigai.info

 

2018年:日本ランキング

hatarakigai.info

 

日本のランキングですが、見てみるとわかるのですが、ほとんどが外資企業 です。

「働きがいのある会社」にしていくには、トップがリーダーシップをもって、長期的に企業文化を育てる必要があり、日本の4,5年で交代する、サラリーマン社長では、目先の短期的な結果しか求めていないため、「働きがいのある会社」づくりは難しいのかもしれません。

 

最終章に、日本版の特別編として「日本の働き方改革の光と影」がまとめられており、こちらの方が、本編よりは興味をもって読めました。その中の表です。

 

f:id:Sanpo-yoshi2016:20181021143237p:plain

Aのポジションを目指すべきですが、あなたの職場はどの位置でしょうか?

私?怖くていえません(笑)

吉田修一の産業スパイ小説三部作「ウォーターゲーム」、今回は水の争奪戦。日本の「水道事業民営化」も危ない?!

こんにちは!

吉田修一さんの産業スパイ小説、鷹野一彦シリーズの三作目「ウォーターゲーム」を、やっと読めました。著者、吉田さんは、一作目を書いている途中から、三部作構想があったようです。続編ごとに面白くなってきており、区切りの3作目、納得の面白さでした。

まさか、三部作で完結!?は、ないですよね、吉田さん…。

 

参考)1・2作目です。

www.survival-cafe.com

 

 

「ウォーターゲーム」

今回は「水道事業民営化」に群がる守銭奴達の利権争いです。当初、胸に小型爆弾を仕込まれている諜報員の設定を、陳腐だな…と鼻で笑っていたのですが、3作目も読むと、まったく気になりません(笑)。裏切り、騙しあいの真剣勝負が楽しいです。

話は変わりますが、安倍政権も水道事業民営化を推進しているようですので、まさに旬な内容です。民営化はいいことばかりではなく、過去にあった失敗事例もこの本を読んで知りました。

 

ボリビア水戦争

・1999年、財政難のボリビアは、世界銀行からの債務軽減や、開発援助を受ける代わりに、水道事業を民営化した。

・アメリカのベクテル社が水道事業に参入し、料金を一気に倍以上に引き上げた。

・料金を支払えない家庭には容赦なく水道を遮断。水道を利用できない家が続出した。

・住民たちの反対運動、デモを、当時の政権が武力で鎮圧し、多くの死傷者が出た。 

その他、フィリピンのマニラでも水道事業の民営化の失敗はあるようです。

 

今回は、改めて、このシリーズの主要登場人物を紹介してみます。

鷹野一彦

主人公、産業スパイ組織、AN通信の諜報員。34歳。「ミッション・インポッシブル」のイーサン・ハントを超える日本人かな?

◇リー・ヨンソン

謎のシンガポール人の武器商人。顔も含めて全身キズだらけ。AN通信の壊滅を目論む。

◇アヤコ

絶世の美貌の持ち主のフリーのスパイ。鷹野のライバル。ある時は味方でも、平気で裏切る。刺激を生きがいとしている。

◇デイビッド・キム

鷹野のライバルの韓国人スパイ

◇田岡亮一

鷹野の部下。あらゆるシステムに侵入することができる。腕はいいが、酒におぼれたり、ドラッグにハマったりと、情緒不安定の面もある。

◇ミス・マッグロー

イギリスの投資会社、ロイヤルロンドングロース社の幹部

 

今回は、後半に驚きの展開もあり、少なくとも2作目の「森は知っている」は、読んでから「ウォーターゲーム」を読んだ方がいいです。

AN通信の定年は35歳。定年を迎えたときに鷹野はどうなるのか?胸の爆弾は?と、絶対に続編の4作目はある!と勝手に信じて待ちますね。