サバイバル日和

弱肉強食の世の中を、生き抜くための読書記録が中心のブログです。

アメブロのサイバーエージェント副社長が書いた「組織の毒薬」は、言うほど毒はない。20代の社員向き。

こんにちは!

㈱サイバーエージェントは、アメーバーブログ等を展開する、1998年に設立された、IT企業と言われる会社です。

www.cyberagent.co.jp

 

私は、旧日本的古い体質の会社に勤めているので、IT企業と言われている会社は、まぶしくて、憧れてしまいます。

そんな、サイバーエージェントのナンバー2、副社長の日高裕介さんが書いた「組織の毒薬」を読みました。

 

「組織の毒薬」

 

もともと、拡大していくサイバーエージェントの社員向けに、日高さんが、仕事や組織について考えていることを伝えるため、定期的に社内報に書いていたメッセージだったようです。これを、めざとい幻冬舎の編集者が見つけ、本にして出版したようです。(幻冬舎、商売上手です)

 

本の内容は、いたって毒はなく、すごく当たり前の正論を丁寧に、社員(若手社員)にわかるように書いてます。ただ、私のような、ひねくれてしまった会社生活の長いおじさんには、少し物足りない、読み物としては軽い本です。

逆に20代のうぶな社員には、仕事とは、組織とは、などと、わかりやすい本です。

 

66のコラムがあり、いくつか項目をあげてみると

・トラブルのマイナスを取り戻そうとしない

・一年の振り返りはポジティブに

・「鈍感力」と「メンタルタフネス」は別物

・新しい仕事への取組み方について

・組織で働くとは

などなど。

窓際社員の私が、軽いといいましたが、私より若い日高裕介さんが、ここまで組織、仕事について語れるとは、さすが副社長で組織を運営しているからでしょうか。

 

読書=娯楽と割り切っている私には、物足りなかった本ですが、一つだけ、うまい!と思ったコラム名がありました。「気合いと思考停止は紙一重」(笑)ではまた!

「せきしろ」さんて誰?「1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった」読了。

こんにちは!

「せきしろ」さんって誰?ハガキ職人ってまだいるの?と、手に取った本です。まったく知らなかったため、「せきしろ」さんを、ネットで調べてみました。

twitter.com

 

北海道出身で、脚本家、俳人で、コラムニストと、マルチな作家さんでした。1970年生まれとのことで、いいお年なんですが、年齢の近い、中年のおっさんの私は、全然知らなかった…。私も結構、凝り固まった生活を送っているようです。反省。

 

さて、この本ですが、せきしろさんが、北海道の高校を卒業後、東京に上京し、ラジオの深夜番組にハガキを投稿することで、自分の存在意義を見出していく、自伝的私小説です。

不器用で、ひねくれた高校時代、同級生を「あいつはおもしろい」「あいつはおもしろくない」と仕訳し、自意識過剰に自分はおもしろいと思いつつも、内向的で誰にも、アピールできずに、悶々とした生活を送っています。

将来の夢もなく、やりたいこともない。ただ、知らない場所で一人暮らしがしたいと漠然と思っていたところ、唯一の友人から「東京へ行って、一緒にお笑い芸人を目指さないか?」と誘われ、上京を決めます。

 

1990年、何もないと思っていた私にハガキがあった

【内容】オールナイトニッポンや、SPA!「バカはサイレンで泣く」等、ネタハガキ投稿に、不完全な青春を燃やそうとした青春時代。伝説のハガキ職人せきしろが始めて綴った自分のルーツ。社会との接点は、ネタハガキを読まれることくらいだった著者によるラジオ好き号泣必至の半自伝的小説。

 

東京の片隅で、ハガキを買うために、アルバイトし、深夜ラジオで読まれることに、生活の全てを傾けていた青春。私小説ですが、こんな青春があったんだと、面白く読めました。ではまた!